≪気まぐれ写真館≫

〜宜野湾市真志喜『森川公園』〜
森川公園

(C)OkiMag 記事および写真の無断使用を禁じます。


『森の川概観』

名勝にも指定されている森の川。天女伝説のある湧水。
森の川概観


『森の川の見事な石積み』

芸術さえ感じる石積み。
森の川その2


『拝所』

すぐ後ろにある拝所。神々しくて中には入れず。
拝所


『石碑』

石碑を守る石垣と門。
石碑

宜野湾市指定史跡『西森碑記(にしもりひき)』
平成三年八月一日指定

 この中にある石碑は、高さ120センチ、幅30〜60センチ、暑さ10〜22センチ のビービヌフニ(微粒砂岩)でできている。

 尚清王(在位1527年〜1555年)の第七子を初代とする尚氏伊江家の人々 が、この石碑の前にある石門と森の川の石積み工事を行い、その完成を記念して 雍正三年(中国年号、1725年)に建立したものである。

 碑文には、

 森の川で沐浴していた天女と奥間大親(うふや)とが出会い、一女一男が生まれた。男の子は察度(さっと)と名付けられ、後に中山王に就いた。私達の元祖尚宗賢伊江王子朝義の母は、宜野湾間切謝名村の野国掟(うっち)の娘で名を城の大按司(うふあんし)志良礼(しられ)といい、尚清王の夫人である。私達子孫は、毎年五月、西森および森の川の泉を拝んでいるが、野国掟は奥間大親の末裔(まつえい)であるという伝説があるからであろう。

 これらの事情により、私達は資金を寄せ、石工を集め、石を切り敷つめ、泉を囲み、門を造った。また、西森の前にも長さ五丈四尺(約16.4m)の石垣を造り、門を開け出入りができるようにした。これらは、先祖をしのび尊ぶためである。よって、ここに石碑を建立しその事を記す。

 大清雍正三年九月吉日、尚和憲垣花親方朝理・尚良顕伊江按司(あじ)朝良・尚和声西平親方朝叙

とある。

碑文の末尾の人物は、三司官の尚和声を含めいずれも伊江家の子孫たちである。

平成四年三月 宜野湾市教育委員会


『神々が宿りそうな樹木』

森の川の周りには、神々が宿りそうな木々がたくさんある。
時代が変わってもいつまでも残しておいて欲しいもの。
神々が宿る樹木


『天女伝説の記念碑』

森の川から登ると最初に目にする記念碑。
天女伝説の記念碑


『城壁のような展望台』

さらに登ると城壁のような見事な展望台が見えてくる。
城壁のような展望台


『城壁のような壁』

城(ぐすく)の壁を見事に再現した壁。
残念ながら心無い人による落書きがあった。
城壁のような壁


『展望台から見える風景』

周りが木々に囲まれているため、絶景ポイントはこの展望台のみ。
公園から見える風景


『一番上の広場』

ここでお弁当を広げながらピクニックをすると最高であろう。
暑い時は、ちょっと降りて木陰を探しましょう。
一番上の広場

お勧めコース

 午前中すぐ側にある博物館を見学したあと、森川公園でピクニックがてらお弁当を食べ、しばらくのんびりしてから午後から遊びに行くというパターンがよさそうです。

 博物館の人が駐車場裏から森川公園へ行けますよ、とおっしゃってくれたのですが、しっかりと鍵のかかった柵で閉じられていました。(^^;; 公園には、駐車場もありますので、車でパイプラインから回り込んだ方が便利です。

■宜野湾市立博物館
 ○開館日:平日、土日曜日、9:00〜17:00
 ○休館日:火曜日、祝祭日、慰霊の日、年末年始(12月29日〜1月3日)
 ○観覧料:大人200円、高校大学生100円、小中学生50円
 ○所在地:宜野湾市真志喜一丁目25番1号 TEL:098-870-9317
※国道58号線大謝名交差点と上大謝名の間(パイプライン)を北へ50mぐらい行くと右側へ新しく建設された道路があるので その道へ入る。パイプラインと並行するように北へしばらく行 くと右手の方へ見えてくる。森川公園の隣り。森川公園の駐車場へは、新しい道からは行けないので、先のパイプラインへ戻り、更に400m程北上して標識を目標に右折する。

_<< 宜野湾市立博物館紹介 >>

 宜野湾市真志喜の森川公園の隣りに今年新しく開館。敷地のわりには、そんなに広くはないが、宜野湾市の歴史(旧石器時代から近代の宜野湾)を垣間見ることができる。説明ビデオが3ヶ所にあり、合計すると40分程度になるので、館内見学は1時間から1時間半というところ 。ビデオのひとつ(入って右奥)には、沖縄戦を写した1フィートフィルム(沖縄戦記録フィルム1フィート運動によるフィルム)を使用した戦中戦後の話もあり、お子さんの平和教育にも最適。

 博物館入り口には、昔沖縄を走っていた軽便鉄道の台車と、サバニ(漁船)が置かれており、2階は資料(出版物)閲覧室になっている。

 展示室入り口には、宜野湾市で発見された原人の復顔レプリカがあり、それを見て「うちなーぢらー(沖縄顔)」のルーツを見ることができる。

 入って右手には、宜野湾市のお年寄りに聞き取り調査を行って再現した、茅葺き(かやぶき)屋根の民家があり、実際に入って触ってみることもできる。若干作りが違うものの、私が10才の頃まで住んでいた家そのもので、懐かしく見入ってしまう。特に土間、かまどやしんめーなーびー(鍋)は、とっても懐かしい。そこにはなかったが、大きな平たいざるのふちに付いていた竹の輪でフラフープをしたのを思い出す。(屋宜)


(C)OkiMag 記事および写真の無断使用を禁じます。

≪ 戻る