≪気まぐれ写真館≫
A Fickle Photos.

史跡『中城城跡』
http://www.imicom.or.jp/~knaka/ncastle/ncastle.htm

(C)OkiMag 記事および写真の無断使用を禁じます。
We have copyright for every photos.


中城城跡全体図

史跡 中城城跡 昭和47年5月15日 国指定

 この城の築城は、読谷村按司護佐丸(ごさまる)といわれています。城の構造は、東北から西南に のびる連郭式に築かれた城で、三の丸、二の丸、本丸は、それぞれ堅牢優美な石塁で囲まれ、石の階段と門でそれぞれの郭に通じています。とくに三の丸の城壁のように外からみえるものは五角形の石を組み合わせ、またアーチ門の回りは特に大きな切石を用い、石塁の角が丸味を帯びているのも特徴があります。

 城の規模は必ずしも大きいとはいえませんが、東南側は自然の絶壁をなし、西北側は10メートルほど低い位置で外郭の石塁が走り、城の経始には日本中世の城に似たものがあります。

 中城城は、一部修理が施されていますが、当初の遺構をほとんどそのまま残し、その技法や構造において一層の完成度を示しています。しかもこの城こそが沖縄における中央集権の確立に主要な役割を果たし、中世的な戦乱の最後の築城であったことはきわめて注目すべきことです。

沖縄県教育委員会 昭和53年3月31日


『入り口』

中城城跡の正門は、実は反対(南)側にあり、
入り口は裏門(北)側にあたる。
中城城跡入り口

『三の郭外壁』

三の郭外壁

『裏門その1』

裏門その1

『裏門その2』

ペリーがエジプト式と評した精巧なアーチが美しい裏門。
裏門その2

『三の郭へ通じる石畳』

三の郭へ通じる石畳

『三の郭から見た馬場』

三の郭から見た馬場

『三の郭から見た中城湾』

三の郭から見た中城湾』

『三の郭から見た西海岸』

三の郭から見た西海岸』

『二の郭から見た一の郭』

三の郭から見た二の郭

『一の郭にある観月台』

一の郭にある観月台

『一の郭にある見事なカーブの城壁』

一の郭にある見事なカーブの城壁

『一の郭 正殿跡』

一の郭 正殿跡

『雨乞い御嶽』

城内あちこちに拝所が見られる。
雨乞い御嶽

『南の郭』

南の郭

『南の郭から正門へ降りる石畳』

不思議なことに半分から左右がずれて造られている。
南の郭から正門へ降りる石畳

『西の郭』

兵場の訓練をしたとされる西の郭。長さが115mある。
西の郭

『正門』

正門

『正門より南側にある広場』

中城湾がきれいに見渡せる場所なので休憩所をおいて欲しい。
休憩所が無いなど、全体的に見学者への配慮が欲しいところである。
正門より南側にある広場

『護佐丸の墓』

中城城跡より車で1〜2分のところにある護佐丸の墓。
とりわけ変わったところも無く、駐車も難しいので、
これを見た人は、特にいく必要はないであろう。
護佐丸の墓


(C)OkiMag 記事および写真の無断使用を禁じます。

≪ 戻る