日刊OkiMag

沖縄の方言

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/<< わったーうちなーぐち >>_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

◆プロローグ (うっ、これにあたる方言はあるのだろうか...。^^;)

 さて、今週から「沖縄方言講座」・・・と銘打つには大それていますので、わったーうちなーぐち(私たちの沖縄言葉)ということで、身近な、あるいはうろ覚えの方言をご紹介しましょう。私たちの方言もブロークンですので、 あしからずご了承ください。(^^;;

 まずはこのお話しから。 沖縄方言は「あ、い、う」の3つの母音が基本になります。

   あ → あ
   い → い
   う → う
   え → い
   お → う

 となります。例えば「戸(と)」は「とぅ」に、「手(て)」は、「てぃ」に母音が変わります。すべてがそうではありませんが、ほぼそう言い換えてしまえば、なんとなくうちなーぐちらしくなります。「米(こめ)」→「くみ」などは2つとも母音が変わっていますね。

 もうひとつ。沖縄方言の「わ」は、標準語の「わ」とは違うと言われています。はっきりした「わ」ではなく「ぅわ」という感じです。おそらく30才代以上のうちなーんちゅと20才代以下のうちなーんちゅおよび県外の方の「わ」の発音は違うはずです。

 文字にするのは難しいですので、近くのうちなーんちゅをつかまえて聞き比べてみましょう。ちなみに「豚」を方言で 言うと「ぅわー」になるのですが、この「ぅわー(豚)」を言うときにはっきりす ると思います。私の「わ」もはっきりした「わ」ではないようです。(^^;;

 以上、不定期ですが次回からの『わったーうちなーぐち』をお楽しみに!
ゆたしくうにげーさびら!(末永くよろしくお願いします!)

「沖縄の方言」を許可なく転載・引用することを禁じます。
Copyright (C) 1998 沖縄まが人


≪戻る