日刊OkiMag

沖縄の方言

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/<< わったーうちなーぐち >>_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■今回は、方言の疑問文について。方言の疑問詞はおよそ下記のとおりです。

 1.何 → ぬー
 2.何処 → まー
 3.誰 → たー
 4.誰の → たーぬ
 5.何時 → いち
 6.幾つ → いくち
 7.いくら → ちゃっさ
 8.どう → ちゃー
 9.どんな → ちゃぬ
 10.どれ → じる

 疑問詞を使った疑問文は、基本的には上記の疑問詞とその文末に疑問を表す助詞「が」に変えて作ることができます。 常体と丁寧体(年長者への言葉使い)の例をあげますと、 (○:常体、●:丁寧体で表記)

 ○これは、何だ?   → "くれー ぬー やが"
 ●これは、三味線です。(丁寧体) → "くれー さんしん やいびーん"

 ●これは、何ですか?(丁寧体) → "くれー ぬー やいびーが"
 ○これは、三味線だ。 → "くれー さんしん やん"

 その他、疑問文の例は、

 ●あなたの家はどこですか? → "うんじゅぬ やー まーやいびーが"
 ●南風原です。 → "ふぇーばる やいびーん"

○おまえは誰だ? → "ぃやー たー やが"
 ●私は、セールスマンです。 → "わんや セールスマンやいびーん"

◆いろいろな疑問詞を使って、上記のように自分で疑問文を作ってみましょう。 常体、丁寧体の使い分けにもご注意を!

「沖縄の方言」を許可なく転載・引用することを禁じます。
Copyright (C) 1999 沖縄まが人


≪戻る