日刊OkiMag

沖縄の民話

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/<< 【連載】沖縄の民話 >>_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■天人女房    【宜野湾市】

  昔、今の宜野湾市に奥間子(おくましー)という人がおりました。 この人は、毎日、農業の仕事が終わると森の川と呼ばれる泉から流れてくる水をたたえた池で鍬(くわ)や鎌(かま)などを洗っていました。

  ある日、奥間子がいつものように畑から帰ってきて森の川に行くと、見たこともない美しい着物が木に掛けてありました。 奥間子は、「不思議だな。こんな美しい着物を着る人は近所にはいないはずだが。珍しいものだから家に持って行って家宝にしよう。」とその着物を家に持ち帰り高倉の中に隠しました。

  その着物は天女のものでした。天女が水浴を終わって池から上がって見ると、自分の着物がなくなっているのに気がつきました。 「ああ大変だ。私の羽衣がない。」天女は羽衣がなければ天に帰ることができないので、心配して震えながら座っていると、奥間子が来て「あなたは何を捜しているのですか?」と声をかけました。

  天女が「ここに掛けていた着物がなくなってしまったので困っています。」と答えると、奥間子は「それなら、私の家はすぐ近くだから私の家にいらしたらどうですか。着物を貸してあげましょう。」と言って天女を家に連れて行き着物を貸してやりました。

  天女は羽衣がなく天に帰れないので、奥間子と結婚して、二人の子供をもうけました。上の子は女の子で、下は男の子でした。 ある日、下の弟が泣いていたので、子守をしている姉が「そんなに泣くなら高倉にある飛び衣を着せてやらないよ。ヘイヨーヘイヨー泣くなよ、泣くなよ。」と子守歌を歌っていました。

  それを聞いていた母親は大いに喜び、夫の留守中に羽衣を取り出して身につけ、たちまち天高く舞い上がりました。しかし、愛しい夫や二人の子どもの泣き声を聞くと、急には去りがたく空の上をぐるぐる飛び回り、ついに風にのって大空の彼方へ飛び去りました。

  天女の子供の姉の方は按司(あじ)と呼ばれる領主の妻になりました。 ジャナムイと呼ばれる弟は農業が嫌いでいつも仕事をしないで魚釣りをしたり、山に行って鳥を射ったりして遊んでばかりいました。

  ある時、大和の京、鎌倉に例えられるほど栄えている勝連按司(かつれんあじ)の王女が婿選びをしていると聞いて、ジャナムイは「勝連城で婿選びをやっているなら私も行ってみよう。」と勝連城へ行きました。 求婚に来る者は立派な着物を着た按司達の王子だけでした。

  粗末な芭蕉(ばしょう)の着物を着て藁(わら)の帯をしているジャナムイは門番の所へ行くと「王女様に求婚に来た。」と言うと、門番は「お前のような百姓が婿になれるわけはない。帰れ。帰れ。」と言って城の中に入れてくれませんでした。

  すると、その時王女様が門の穴の空いたところからジャナムイを見て、「この人を城の中に入れなさい。」と言ったので、ジャナムイは城の中に入ることができました。けれども勝連按司は、王女が連れて来たジャナムイを見ると、「お前はこんな貧乏な男と結婚するつもりなのか。」と王女を叱り付けました。

  すると王女は、「この人は優れた人だから、私はこの人の妻になります。」と言いました。按司はどうしても娘の言うことが不満だったので占いをして見ると、琉球国で一番偉い王様になるという占いだったので、ジャナムイと王女の結婚を許しました。

  按司の妃は、ジャナムイがあまりに貧乏な姿をしているので、可哀相に思って米俵を一つ与え、その中に握りこぶしほどの黄金を一つ入れてやりました。

  ジャナムイと勝連按司の王女が勝連半島から、小舟に乗って帰る途中、海鳥がピーピーピーピー鳴いてどこまでもついてくるので、ジャナムイはその海鳥を落とそうとして、米俵の中から黄金を取って投げつけました。

  それを見ていた王女が「アキサミヨー。(大変だ)」と驚いて「あなたはどうして黄金を鳥に投げつけるのですか。」と言うと、ジャナムイは「お前こそどうしたんだ。私の屋敷にはこんな石ならたくさんあるよ。」と答えました。

  ジャナムイが王女を案内したのは謝名(じゃな)に黄金庭(くがになー)にある自分の家でした。家の中に、大きな石を三つ組み合わせて置いて祀っている火の神も三つとも黄金で、その屋敷の周囲の石もみんな黄金でした。

  この黄金庭の下は、大きな大和船が入る港でした。ジャナムイは黄金と大和の鉄を交換して、その鉄で鍬やヘラを作って農家に配り、着物がない人がいれば着物を与え、そこを通る人でお腹の空いた人がいれば食べ物を与えてやりました。

  ジャナムイの家来は次第に多くなり、はじめは伊祖(いそ)城の按司になりそれから浦添城の按司になり、首里に城を作って察度王(さっとおう)と呼ばれる王になりました。中国と正式な国交を開始したのもこの察度王です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★≪ お願いはじまり ≫★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
当民話は、沖縄国際大学文学部 遠藤庄治教授のご厚意により掲載させて頂いてお
ります。その転載・複写、一部引用等の二次利用は、教育目的、学術的な研究目的、
啓蒙的な意義のある活動(営利を目的としないもの) において自由に可能です。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★≪ お願いおわり ≫★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

沖縄の民話を許可なく無断転載することを禁じます。
Copyright (C) 1999 沖縄まが人


≪戻る