日刊OkiMag

沖縄の民話

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/<< 【連載】沖縄の民話 >>_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 今回は、どうしてモグラは地面の下で暮らしているかについてのお話。

---------------------☆--------------------

■雲雀(ひばり)金貸し    【名護市】

  雲雀(ひばり)がモグラに、「モグラさん、私、家を作ろうと思うがね。お金が無いからお金を貸してくれないかい。」と言いました。 そのモグラは、「ああ、よしよし。お金だったら、私はお天道様(てんとうさま)にいつもお金を貸しているから、太陽(お天道様)から金を返してもらいなさい。」と言いました。

  雲雀は、「はい、ありがとう。」と一直線に太陽の所に上って行って、太陽に向かって言いました。「モグラさんに借りているお金を返しておくれ。」

  太陽が、「私は、モグラからお金なんか借りていないよ。それは嘘だよ。」  と答えると、雲雀は、「いや、借りている。」と言いました。そこで太陽が、「それなら、もう一回モグラに聞いてみなさい。」と言ったので、雲雀はもう一度モグラの所へ行き、聞いて見ました。

  するとモグラが、「貸したよ。」と言うので、雲雀は再び天に行って太陽に「さぁ、金を返せ。モグラさんの金を返せ。」と言いました。

  太陽は、「このモグラのいたずら者め。ただではおかんぞ。」と言って、モグラに向かって、「お前はもうあまりにも悪い嘘ばかりつくから、真昼に通ると焼き殺してしまうぞ。」と言いました。

  モグラはそれを聞いて驚いて、それ以来あんまり明るい所を歩かないで暗い地面の下で暮らすようになったということです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★≪ お願いはじまり ≫★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
当民話は、沖縄国際大学文学部 遠藤庄治教授のご厚意により掲載させて頂いてお
ります。その転載・複写、一部引用等の二次利用は、教育目的、学術的な研究目的、
啓蒙的な意義のある活動(営利を目的としないもの) において自由に可能です。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★≪ お願いおわり ≫★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

沖縄の民話を許可なく無断転載することを禁じます。
Copyright (C) 1999 沖縄まが人


≪戻る