日刊OkiMag

沖縄の民話

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/<< 【連載】沖縄の民話 >>_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 今回は、なぜ猫は糞を隠し、なぜ虎は木登りができないのか、についてのお話。

---------------------☆--------------------

■猫(ねこ)と虎(とら)    【那覇市】

  昔、猫は空手の師匠でした。その頃、虎は体は大きいが、弱虫だったのでみんなに笑われていました。そこで、虎は強くなろうと思って、猫の弟子になって空手を習いはじめました。

  空手が上達すると、虎は体が大きく、力も強かったのでどんどん強くなり威張るようになりました。

  ある時、虎は師匠の猫に向かって言いました。「もう、俺は先生よりも強いぞ。先生、一度俺と勝負してくれ。」師匠の猫は、虎がいつかは、勝負を申し込んでくると思っていたので、  「それなら、明日、波の上(沖縄の地名)で勝負しよう。」と言って承知しました。

  虎は、次の日、今日こそ師匠の猫と勝負して勝てば、この世で一番強くなれると思って、波の上にやってきました。虎が勝負をしようと思うと、猫は波の上の崖から海の方に突き出した松の木に登って、「さあ、来い。」と虎に言いました。

  実は、猫は弟子の虎に木登りの術だけはわざと教えていませんでした。虎は、木に登れないので、下で待っているほかありませんでした。

  しばらく待っていた虎が言いました。「そんな卑怯な術があったのか。だが、いつまでも木の上おれないだろう。木から降りてきたら、どこにいようとお前の糞(くそ)の臭いで、お前を見つけて食ってやる。」

  虎は、そう言って立ち去って行きました。それからというもの、猫は虎を怖がって糞をした時には、必ず土で隠すようになり、虎は木登りの術を教えてもらえなったので、今でも木に登れないでいるということです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★≪ お願いはじまり ≫★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
当民話は、沖縄国際大学文学部 遠藤庄治教授のご厚意により掲載させて頂いてお
ります。その転載・複写、一部引用等の二次利用は、教育目的、学術的な研究目的、
啓蒙的な意義のある活動(営利を目的としないもの) において自由に可能です。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★≪ お願いおわり ≫★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

沖縄の民話を許可なく無断転載することを禁じます。
Copyright (C) 1999 沖縄まが人


≪戻る