「パチンコのため」うなぎ店とすし店で連続窃盗 開店準備中に…67歳女の手口

「パチンコのため」うなぎ店とすし店で連続窃盗 開店準備中に…67歳女の手口

「パチンコのため」うなぎ店とすし店で連続窃盗 開店準備中に…67歳女の手口

飲食店へと1人で入ってきた女。
埼玉・川越市で起きた連続窃盗事件で逮捕された、無職の増渕明美容疑者(67)。

犯行の一部始終を記録した防犯カメラ映像を入手した。

事件が起きたのは2022年6月のこと。
午前9時過ぎ、営業準備中のウナギ料理店に増渕容疑者が入ってきた。

服装は至って普通。
まるで一般の客のように見える。

ところが、厨房の中をのぞいたあと、一度戻って周囲に人がいないか確認。
そして、無人の厨房から赤い財布のようなものを取り出し、辺りをうかがいながら店から逃げていった。

被害に遭ったのは、現金およそ3万2,000円と小銭入れなどが入った時価合計3万500円相当のポーチ。

わずか1分ほどの犯行だった。

増渕容疑者は同じ日、このウナギ料理店から1kmほどしか離れていないすし店にも侵入し、現金およそ6,500円と財布が入ったバッグ1個など、時価合計1万7,000円相当を盗んだ疑いが持たれている。

増渕容疑者は栃木・宇都宮市にアパートに住んでいたという。

アパートの裏に回ってみると、少しだけ雨戸が開いていたが、中の様子はうかがえなかった。

増渕容疑者は取り調べに、「生活費や飲食代、パチンコをするため盗みをした」と容疑を認めている。

容疑者と面識があるという住民も、パチンコ店によく出入りしていたと話す。

容疑者を知る人「(パチンコ店に)大体4日間は毎日朝10時に行くんですけど、そうすると大体週に1、2度顔を合わせる時がある」

余罪は数十件にのぼるとみられる。

一体なぜ、開店準備中のタイミングを狙って盗みを繰り返したのだろうか。

増渕容疑者は「忙しく店内に人がいない。レジやカウンターに荷物があって盗みやすかった」と供述。

また、増渕容疑者は店内で従業員と鉢合わせると、「予約できますか? まだ準備中ですか?」などと客を装い、逃走していたとみられている。

警察は余罪についても調べを進めている。

FNNプライムオンライン

動画カテゴリの最新記事